沖縄のセルフダイビングポイントマップ by Japan Self Diving Force
 
光の回廊

光の回廊

セルフダイビング難易度:中級~上級(エントリーまでとても歩く)
流れ: 中~速い(引き潮時離岸流発生)
最大水深: 20㍍くらい
エントリーまでの距離: 800㍍くらい
ポイントの魅力: 水質が良く回廊(クレバス)へ光が射し込み優雅な空間が広がる。

クレバスが多く、青い海の回廊に光が射し込む優雅なポイント

砂浜と岩場をしばらく歩く
安田海岸の南にある全長200mくらいの砂浜

水質もビーチもとても綺麗だ。

ポイント名にもある通りクレバスや岩々が回廊を形成しておりそこに光が射し込みとても優雅な空間を演出している。

光の回廊の立役者

(執筆: エフオカ)

まずは揃えたい軽器材

①フェルトブーツ: ビーチエントリーならフェルトブーツは絶必です!

②マスク: apeksのVX1マスク、視界良好でフレームレス構造のため壊れる心配が少なく、長きに亘って使えます

③シュノーケル: GULLのスーパーブリットは呼吸と排水がしやすい、万能シュノーケルです

④フィン: apeks RK3フィンはパワーがあり、重装備や流れの中でも頼りになる相棒です。ジェットフィンよりも少し軽く、現代的なデザインがカッコいい定番フィンです

その他おすすめ器材:

ダイビングコンピューター: Shearwater Teric

ほとんどのテックダイバーが使用しているダイコンの決定版、Shearwater社のTeric。腕時計型なので普段使いも可能で、あらゆるダイビングに対応している性能と視認性の良さ、デジタルコンパスの使いやすさはピカイチです。トランスミッターも使用可能。値は張りますが、買って後悔はしません

レギュレーター: apeks MTX-R

apeks社のレギュレーターは深場での呼吸がしやすく頑丈でとても信頼ができるメーカーです。その中でも日本では使っている人をあまり見かけないMTX-Rシリーズは寒冷地性能が高く、見た目もカッコいいです

DSMB(シグナルマーカーブイ): 安全な浮上や漂流対策にDSMBは全ダイバー必携なので、必ず持っておくようにしましょう

ダイビングライト: こちらも暗所やナイトダイビング、水中でのコミュニケーションに必要なので必携。入門用には安いライトで大丈夫ですし、本格的なダイビングライトが欲しくなったらammonite社やBigBlue社などの製品がおすすめです